鹿児島から宮崎県へ移動

私の引越経験からのアドバイスについて

私は現在のこちらの宮崎県の都城市内にあるアパートに居を構えて約2、3年程度になりますが、入居の際に利用をした引越し業者に関しての内容や引越作業の経験などについて話しながら、これから引越を考えている方へのアドバイスについて記述をしていきたいと思います。
私が引越を行ったのは、2013年の9月頃でしたが、その際には入居をする際に現在の不動産業者の担当者の方を通じて、そこが指定をしている引越業者を利用したカタチでした。

 

そして、現在もお世話になっている担当者の方が当時話した内容ですが、インターネット上からの同業者の公式ページ上にある申し込みフォームからの依頼の場合よりも、かなりなさらなる割安の価格での無料見積もりや申し込みなどが可能であるとのことでしたので、これを私は聞いてこの担当者の方へ直接依頼申し込みを行いました。
そして約2日後に、鹿児島県側の曽於市内にある私の実家に、その引越業者の担当者の方が見積もりをしに来られました。

 

 

そして、なるだけ片付けや清掃などをせずに、そのままの状態にしておくよう前日の電話で直接私に伝えていましたので、最初は訳がわかりませんでしたが、一応その指示通り、そのままの状態にあえてしておきました。
そして、私の実家内にある自分の部屋の中の様子を丹念にその引越業者の担当者の方は調べて、それから私に対してのその引越料金プランの様々な内容のものやそれら全体についての概要の説明を行い、私の当時の部屋の中の状況が4つの提示をされた1つのものに該当するので、その一番安いプランのもののはどうか訊いてきました。

 

すると、費用がなんと、税込みの総計で家具などへの耐震施工サービスなどをも含めて、約16万円程度でしたので、引越後においての展開なども考慮をしたりしたうえで、そのプランのものを選ぶことに決めました。
ここでアドバイスをしたいのは、不動産業者によっては、指定をしている専属の引越業者などがあり、同じ業者が運営をしている通常の窓口や公式ページ上からの申し込みや依頼の場合などよりも、かなりな格安な料金価格相場で見積もりによる申し込みなどが出来るような場合があるという事です。
私の場合でのケースがそうでした。

 

 

確かに私自身の引越の際での料金相場なども、本来の総計が約19万円程度であったものが約2割引き以上の16万円程度でしたので、そうした点でもかなりな利用価値のメリットがありますので、一度はぜひとも不動産業者の担当者の方に確認をしてみる価値は大いにあるものと考えます。そして、運搬時での荷物への梱包や包装などの作業面においての状態といった面でも中々丁寧であり、大変驚きました。

 

 

従来型での引越業者などでは考えられないあり方ですので、実に訓練が行き届いているものと大変実感をさせられました。
そして、運搬後においてのアパートの居室内でのタンスなどへの耐震施工サービスについてですが、これなども中々オススメです。
プラスチック製の製品で施工される内容になっていますが、自分で配置の場所を入居後において変える際にも簡単に扱えますので、そうした面でも入居者の立場を考えている仕様になっており、大変オススメといえます。
もちろん割安プラン料に組み込まれていますので、オススメの利用価値があります。

 

 

ここは特殊な独自のスチロールカバーを利用した、大変丁寧な荷物の梱包・包装をしてくれるところでしたので、やはり不動産業者が指定をしているだけあり、大変信頼が高いところには間違いがありませんでした。
このような、入居先から指定をされた引越専門業者を利用する事も、以上のこれまで話した内容からオススメです。


鹿児島から宮崎県へ移動

引越し価格ガイド

「引越し侍」で知られる引越し一括見積もりの老舗です。
1000万件を超える仲介実績がありど230社以上の引越し業者をネットワーク。
引越し一括見積もりなら人気ナンバーワンの「引越し侍」がおすすすめです。