一括見積もりサイトで探しました

札幌市内でかかった費用は4万5千円です。

業者はネットを利用して探し、旅行するつもりで荷物をまとめます。

 

引越ししたのは札幌市内です
南区の端から中央区へ引越しました。
家族は二人ですので荷物はそれほど多くありません。
かかった費用は4万5千円です。
季節は引越しシーズン少し過ぎた5月末です。
今回引越しするにあたり時代が変わったなと感じたのはネットの普及です。

 

引越し業者を選ぶにあたり色々考えました。
前回はローカルな業者さんにお願いしたのです。
しかし、乱暴な家具の扱い方でタンスなどが傷んでしまいました。
中小の引越し業者さんでも初めての体験でした。
安易に選ぶのは考えものだなと痛感させられました。
それで同じお金をかけるならなるべく良心的なところをと思案していたのです。

 

 

一括見積もりサイトで3分後に電話がきた

すると友人からネットで見積もりできるサイトがあると教わり試してみることにしました。
スマホで入力、送信しました。
それが午後9時50分です。
そして電話が鳴ったのが3分後です。
電話は大阪からでサカイ引越センターでした。
翌日見積もりに来てくれるとのことでした。
まさか、こんなに早い対応されるとは思っていなかったので驚きました。
時代は変わったとまさに思った瞬間です。
迷われたらネットでの見積もりをおすすめします。
翌日から三日ほど他社から見積もりの提案がありましたがお断りさせていただきました。
他が遅いと言うよりサカイ引越センターが速いという印象でした。
引越しに特化しているのでスピード勝負なので、というお話でした。
ダンボールは50箱まで無料で用意していただけました。
使い古しでよければさらに無料で追加できます。
私たちは利用しませんでしたが、引越し後のなんでも10分無料サービスをおこなっています。

 

 

引越しの手続きはしっかりと

次に手続き上で優先すべき事柄をいくつか。
引越しの際、まず引越し先のガス会社に連絡をして即日使用できるようにしておくのをおすすめします。
ネット環境や電話はスマホの普及もあるので後でも問題はありません。
水道は即日利用できます。
電気は最大アンペアを調べておく必要がありますがすぐ使えます。
ガスはそうも行きません。
都市ガスかプロパンかの違いもあります。
ガスレンジもそれにより買い換えなくてはいけないからです。
レンジの収納幅も考えなくてはいけません。
また、女性1人の場合、自信がないなら引越し業者さんで取り付けてくれるはずです。

 

 

 

引越し前後使うものを選択する際は普段の出勤時と帰宅時をイメージして荷物をまとめます。
すぐ使うものをキャリーケースにまとめておくのも便利です。
数日の旅行する気持ちで収納しておくのです。
そうすることでコンタクト用品やシェーバー、スマホ充電器などを探すのに慌てないですむでしょう。
それとトイレットペーパーとティッシュを別に用意しておくと何かと便利です。
つい忘れがちですが、案外引越し最中でもトイレはひんぱんに使用するものです。
1ロールでよいのでトイレットペーパーをすぐ使えるようにしておきます。
ティッシュは汎用性が高いのでなにかと重宝します。
以上引越しの際の考えをまとめてみました。
私たちの今回の引越しは突然でしたので、すぐスムーズに生活できるようにしなければなりませんでした。
幸いひんぱんに旅行していたので道具と移動に慣れがあったので戸惑わずに引越しできました。
もし皆様のなんらかのヒントにしていただければ幸いです。

 


一括見積もりサイトで探しました

引越し価格ガイド

「引越し侍」で知られる引越し一括見積もりの老舗です。
1000万件を超える仲介実績がありど230社以上の引越し業者をネットワーク。
引越し一括見積もりなら人気ナンバーワンの「引越し侍」がおすすすめです。