引っ越し代を節約するためには

引っ越しは、あなたが思っている以上に労力がかかったり数多くの手続きが発生します。

進学・就職そして転勤など誰しもが1度や2度は経験するのは、引っ越しではないのでしょうか。
引っ越しは、あなたが思っている以上に労力がかかったり数多くの手続きが発生します。

 

初めてのの引っ越してみて、へとへとになった経験があるのではないのでしょうか。
私も、実家から初めて引っ越しをした日のことは覚えていまして、実家から引っ越し先まで荷物を運ぶのに車で数度往復して、荷物を運び終えて一安心したせいもあるのが、疲れてぐったりとしてしまい、レイアウトを考える前に眠り込んでしまいました。
初めて引っ越した時期は、湿気が高い梅雨時期で蒸し暑さの中での作業でしたので、疲れたことが記憶として鮮明に残っています。

 

 

引越しの見積もりと準備をしっかりと

 

引っ越し代の節約のコツは、定期的に引っ越しをする方は、家具付き物件同士で引っ越しをすれば、家電を買う必要がなくなりますので、大きな節約効果も。
家電は、人の好みが現れてしまいがちですか、そういう細かい所に気をしなければ利用しない手はないですね。私も、現在は家具付きの物件に住んでいますが、テレビ(型式は古い)・インターネット回線・冷蔵庫・洗濯機・電子レンジがありますので、トータルコスト的には安上がりです。
家賃の相場も高いと思いきや、エリアの家賃相場より6,000円程度で、家賃の中にはインターネット代が含まれていますのでおおむね納得しています。

 

新生活を準備するのに大きく掛る費用は家賃ですが、それ以外の費用としてかかるのは、家電製品ですね。
最低限、一通り揃えるのにも15〜20万円はかかり、いずれの家電も付加機能に拘りを持っていますと、同じメーカー同士の家電でも価格に5倍以上の差がある事も!

 

 

1人暮らしで欠かせない代表的な家電はレンジですが、安いものでしたら10,000円台で買えます。
しかし、色々な機能が備えてあるレンジになりますと、60,000円〜70,000円台に価格が跳ね上がります。
ましてや、料理店顔負けのような本格的なレンジになりますと100,000円を超えたりもしますので家電1種類にとっても侮れません。

 

趣向に拘らなければ、家電付きの物件がコストパフォーマンスも良くて、次に引っ越しする時にもそのような物件に引っ越しをすれば、大きい荷物が殆どありませんので、自前で引っ越し作業が完結してしまうメリットもあります。
引っ越しをする事が決まったら、それを機会に「捨断離」を思い切って行ってみませんか。

 

身も心もスッキリしますし、無駄が省けシンプルな生活が実現できますよ。
私も、来月から思い切って、「捨断離」を実行に移すため準備の真っ最中です。


引っ越し代を節約するためには

引越し価格ガイド

「引越し侍」で知られる引越し一括見積もりの老舗です。
1000万件を超える仲介実績がありど230社以上の引越し業者をネットワーク。
引越し一括見積もりなら人気ナンバーワンの「引越し侍」がおすすすめです。